求められている役割を理解して
必要とされる薬剤師になろう

求められている役割を理解して必要とされる薬剤師になろう

求められること

薬剤師は、患者の病気を治すための薬のスペシャリストとしての意識を持つことが重要になります。多くの患者と向き合いながら、医師からの指示が書かれている処方箋に基づいて、正しく調剤をしてから患者に薬を渡します。ただ提供するのではなく、患者の症状などに問題が無いかなどをしっかりと聞くことも重要になってきます。つまり今の薬剤師に求められていることは、薬を調剤するだけでなく、患者に寄り添うことも重要になってきます。

多くの患者と向き合ってしっかりコミュニケーションを取ることが出来れば、お互いに信頼関係を構築することができます。そうすれば再度自分が勤務している薬局を利用してくれる患者がいるということを理解していなければいけません。今は医薬分業の制度が浸透しているので、院外薬局で薬をもらうことが当たり前になっています。病院の近くには必ずと言っていいほど薬局が隣接しています。

だからこそ患者は数ある薬局の中から、信頼できる薬剤師がいる薬局を選ぶことができます。間違えないで薬を調剤することは、薬剤師であれば当たり前のようにできる仕事です。そこにプラスアルファでどのように患者と向き合っていかなければいけないかを理解する必要があります。